本イメージ
HOME > 健康 > 書籍詳細

健康

前に戻る

口の中に毒がある
−その安全な除去法と健康回復−

タイトル 口の中に毒がある
−その安全な除去法と健康回復−
著 者 医療ジャーナリスト 釣部 人裕 著
価 格 1,296円(税込)
ISBN 9784884933449
ページ 270P
版 型 四六版
発売日 2012/12/14
内 容

国民の70%が詰めている!

☆日本の歯科医の多くが安全だと信じていた、水銀による重病が回復☆
日本でも7割以上の人が詰めている歯の詰め物から水銀毒が出ている!
@口の中に銀歯(アマルガム)があると→Aアマルガムから水銀蒸気が出る→Bその水銀蒸気は肺に入る→C肺から水銀は心臓に入る→D心臓に入った血液は血液に入る→E血液中の水銀は全身に行き組織を攻撃→F病気を起こす。
歯の詰め物から水銀が微量ずつ体中に入り水銀被曝が体調不良や病気を引き起こすこと、又、原因不明の重度の難病にもなる可能性を分かりやすく解説。

☆日本で安全に水銀アマルガムを除去出来る歯科医院を掲載☆
綿密な取材と全国の歯科医院へのアンケート調査で、現在、水銀アマルガムを安全に除去できる歯科医院は少数ながら存在することが分かった。アマルガムによる水銀中毒に警鐘を鳴らす歯科医の声と、実際の治験例(写真多数)、他の歯科医師たちの本音にも迫る。
厚労省の見解、国会で取り上げられたアマルガム問題にも触れ、医科と歯科の連携を呼びかけている。
スウェーデン、デンマーク、ノルウェイ、又、イギリス、カナダ、アメリカの一部の州でも使用が禁止されている歯科材料の新事実!

購入する

ページトップへ